宝坻保健品

 2月3日の日経平均株価は、前週比233円(1%)下がって2万2,971円となりました。春節明けで約2週間ぶりに取引が行われた上海株(上海総合株価指数)はこの日、7.7%下落しました。中国武漢で発生した新型肺炎の感染拡大が想定以上に速く、世界景気に悪影響が及ぶ懸念が強まったことから、世界的な株安連鎖が続いています。

 3日の日経平均は、一時429円安の2万2,775円まで下がりましたが、その後、買い戻されて、2万2,971円で引けました。中国市場が閉まっていた春節(1月24日―2月2日)の間、中国株が売れないので、代わりに日経平均先物を売っていた外国人投資家もいたと考えられます。その一部は、中国株を売れるようになった3日に、上海株を売り、代理で売っていた日経平均先物を買い戻した可能性もあります。

 私は、日本株は配当利回りや買収価値から割安と判断しており、日経平均2万3,000円割れでは、積極的に買っていくべきと考えています。