今日は、2月13日「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)の日」。NISA口座で投資していくのに相応しいと考える4銘柄をご紹介します。株主優待が魅力的で、かつ配当利回りが高い(3%以上)銘柄から選びました。

 なお、配当も優待内容も現時点での会社予想にもとづいていますが、予告なく変更される可能性があることはご了承ください。

养生食品药材

 日本株は、配当利回りや買収価値から見て割安と、私は判断しています。投資で得られる配当金や売却益が非課税になるNISA口座を活用して日本株に投資していくことは、長期的な資産形成に寄与すると思います。

 ただし、1つ注意すべきことがあります。NISA口座で投資すれば5年間非課税ですが、もし5年経過前に売却すると、売却した部分の非課税枠は消滅します。

 例えば、NISAで上限いっぱいの120万円で日本株を買ったとします。その1カ月後に10万円値上がりして130万円になったところで、30万円売却したとします。すると、売却益は非課税ですが、売却した30万円分、非課税投資枠は減少します。まだ売却していない残りの100万円だけが非課税口座に残ります。

 さらに、その1カ月後に、残りの100万円をすべて売却すると、売却益は非課税ですが、非課税枠はすべて消滅します。5年の非課税枠とはいっても、それは売らずに持っていた場合だけです。短期で売ったり買ったりするのには、NISA口座は適していません。

 では、NISA口座で日本株に投資する場合、どのような銘柄を選んだらよいでしょう。5年以上の長期にわたってじっくり保有したいと思える銘柄を選んだら良いと思います。その候補に、株主優待の魅力的な高配当株があります。

 優待や配当を目当てに投資する場合、通常は長期投資となります。長期で保有して、優待品や配当金を受け取るのを楽しむ投資となるからです。したがって、財務内容が良好、収益基盤が堅固で、優待や配当が魅力的な銘柄が、NISA口座で投資するのに適していると判断できます。